アメリカの大手IT企業、コロナ禍でも最高益を上げる躍進

アメリカの大手IT企業、コロナ禍でも最高益を上げる躍進

コロナ禍でもIT企業は凄まじい勢いで動いています。

その中でやはり気になるのは、Googleの独占禁止法問題でしょうか。

アメリカの大手IT企業はこのような状況でも、7〜9月期決算では過去最高を叩き出したとのことです。

以下の日本経済新聞をご確認下さい。

米産業界でIT(情報技術)企業の好業績が際立っている。29日に大手4社が発表した2020年7~9月期決算では、アマゾン・ドット・コムとアルファベット、フェイスブックの売上高と純利益がそろって過去最高を更新した。新型コロナウイルスは各社が競争優位を固める要因になっており、独占批判の風当たりを強める恐れもある。

引用元:日本経済新聞 米IT大手、コロナでも躍進 7~9月アマゾンなど最高益(2020/10/31 2:00)

米司法省は10月20日、世界で9割超のシェアを握るグーグルの検索エンジンについて、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴した。米議会などは残る3社についても監視の目を強めている。競争優位を印象づけたIT大手の7~9月期の業績は、各国・地域の規制当局による規制強化の流れを勢いづかせる可能性もある。

 

引用元:日本経済新聞 米IT大手、コロナでも躍進 7~9月アマゾンなど最高益(2020/10/31 2:00)


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ




 

IT関連Newsカテゴリの最新記事